【完全保存版】教員採用試験対策~最短ルートで養護教諭になろう~初級編① 「教員採用試験は何から始めればいいの?」

教員採用試験対策はまず何から始めればいいの?

すいか
すいか

いろいろやることが見えてきたけど、やることが多すぎて何をすればいいのかな…。

ふくすけ
ふくすけ

みんな最初は悩むふく。ふくすけが簡単にアドバイスするふくっ!

  1. 受験する自治体を決める
  2. 合格した人の体験談を参考にする
  3. 教員採用試験対策セミナーに参加
  4. 教員採用試験の勉強計画を立てる

教員採用試験で何をすればいいか分からない!という方は上記の4つから初めて見ましょう。いずれも重要なステップです!!

受験する自治体を決める

ふくすけ
ふくすけ

まずは受験する自治体を決めるふく!

今までどの章のお話でも、「各自治体によって異なるのでご確認ください!」という文言を見たと思います。

つまり、それだけ重要だということです。

各自治体によって試験日程や試験内容、試験対策は異なってきます。まずは、受験する自治体を明確に決め、それに特化した対策をすることが合格への近道です!!

すいか
すいか

受験する自治体を決めたら、その自治体の実施要項を確認しよう!!

合格した人の体験談を参考にする

ふくすけ
ふくすけ

2つ目は合格した人の体験談を参考にするふく。

すいか
すいか

合格した人の勉強方法を参考にして勉強することができるからね!

教員採用試験に合格した人の体験談についてですが、実は養護教諭の合格体験談がネット上でも少ないです。

私は養護教諭の教員採用試験対策に特化した記事をこれから書き進めていくので、参考にしていただけると幸いです。

自分で模索して勉強するよりも、先人の勉強方法を参考にしたほうがはるかに時間効率が良く、最短ルートで合格に近づくことができます!!

教員採用試験対策セミナーに参加

意外と知られていないのが、教員採用試験対策セミナーです。東京アカデミーが毎年、各自治体の教員採用試験に対するセミナーを開催しています。

私も実際に受験する自治体のセミナーに参加したことがあります。もちろん無料です!!

無料といっても内容はしっかりしており、さすが教員採用試験対策に特化した予備校だと思いました。受験する自治体の試験内容や傾向についても詳しく教えてくれます。

ふくすけ
ふくすけ

自治体の傾向が分からないという方はこうしたセミナーに参加することがおすすめふく。

Twitterでも無料セミナーの情報が流れてくるで、アンテナを張っておくといいですね!

教員採用試験 2022年夏試験対策
勉強法セミナー(傾向分析会)

東京アカデミー

https://www.tokyo-ac.jp/news/191427/

※無料のものや有料のものもあります。

教員採用試験の勉強計画を立てる

ふくすけ
ふくすけ

さいごに教員採用試験に向けて勉強計画を立てるふく。

受験する自治体を決め、合格した人の体験談や無料のセミナーにも参加し、モチベーションがどんどん上がってきたあなた。

初級編①の最後の仕上げが、この勉強計画を立てることです。

すいか
すいか

勉強計画ってどうやって立てればいいの??

ふくすけ
ふくすけ

一次試験までの日にち、受験する自治体の試験内容によって変わってくるふく!

7月に一次試験があるとすれば、それまでに筆記試験(教養試験・専門試験)対策は必ずしておかなければなりません。

8月に二次試験があるとすれば、それまでに人物試験対策を必ずしておかなければなりません。

4~5月に願書の提出があるなど、養護教諭特別別科に入学された方はかなり忙しいです。

この少ない時間の中で闇雲に勉強することは危険ふく。

すいか
すいか

まずは計画を立てて効率良く勉強しないとね!

すいか
すいか

つまり、別科に入学する前から早めに手を付けておくことが合格への第一歩ということだね!!

教員採用試験の流れ
  • 4月:養護教諭特別別科入学
  • 4月~5月:各自治体の願書提出
  • 6月~7月:一次試験
  • 7月~8月:一次試験合格発表
  • 8月~9月:二次試験
  • 9月~10月:二次試験合格発表

教員採用試験の募集から採用に至るまで 東京アカデミー

https://www.tokyo-ac.jp/adoption/become-teacher/become-teacher02/

4月からでも合格することは可能ですが、できるだけ早めの対策をおすすめします。

一人一人の勉強方法やレベルも異なるので、自分に合った計画を立てていきましょう!

すいか
すいか

各試験対策は別記事で紹介するので、それも参考に計画を立ててね!!

教員採用試験対策におすすめのアイテム

すいか
すいか

ここでは私が教員採用試験対策で使ったアイテムをご紹介します!!

ふくすけ
ふくすけ

効率よく勉強するためのアイテムふくね!

iPad

1つ目はiPadです。正直、これを持っているだけでかなり勉強が捗ります。

勉強に最適なiPadのメリット
  • iPadでノートを作ることができる
  • 写真を挿入したりと自分だけのノートを作ることができる
  • PDFを一括管理できる
  • 過去問などもPDFでダウンロードすれば持ち運びが楽ちん
  • 複数の教材を持ち歩かなくていい
  • スマホよりも画面が大きく勉強しやすい
iPadのデメリット
  • 価格が高く、手が出しにくい
  • Apple Pencilなど合わせて使う
    アイテムも価格が高い
  • 少し大きめのカバンでないと、
    持ち運びができない

それでも価格に見合った働きをしてくれるため、おすすめします。実際に試験会場でiPadを使って勉強している方も見かけました。

学校現場でもどんどんICT化が進んでいるため、私たちもこの波に乗っていきましょう!

Apple Pencil

2つ目はApple Pencilです。これはiPadと合わせて使うと真価を発揮します。

ノートアプリを使ってノートを書くときに重宝しています。使用感としては、実際にボールペンでノートを書いているような感覚です。特に違和感もなく、スラスラ書けます!

養護教諭特別別科の授業でもノートを書くときにお世話になりました。教員採用試験対策でも現役で使った戦友です。

すいか
すいか

この2つは必須アイテムといってもいいね!

あなたもICTを活用した勉強方法に取り組まれることをおすすめします。

さいごに、教員採用試験を受ける上で大切なことを話して締めくくりたいと思います。

1 2 3 4 5 6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA