【Q&A】養護教諭特別別科や受験勉強、過去問等に関する質問にお答えします!!

筆記試験対策

『養護教諭の完全攻略』はどの分野を勉強しましたか?

あくまで、新潟大学・金沢大学を前提に書きます。

養護教諭の完全攻略はどの分野を勉強すればいい?】

どの分野を勉強すればいい?
  • 疾病とその予防
  • 養護教諭の専門知識
  • 救急処置

まずは、この3分野を重点的に勉強しましょう。この3分野から出題されることが非常に多いです。実際にこの本に書かれていた図表が問題として出題されていたこともありました。また、教員採用試験対策にも繋がるのでやっておいて損はないです。でも、これだけで本当に大丈夫?という方のために、他にもやっておいたら別科受験で役に立つかもという分野を書きます。

【他にもやっておけばいい分野はある?】

他にもやっておけばいい分野
  • 養護教諭の職務/学校保健関係職員
  • 健康相談/メンタルヘルス

このあたりでしょうか。養護教諭はどういった職務内容なのか児童生徒の抱える健康問題は何なのかをここでは把握することができます。小論文対策にも繋がるので押さえておきたい分野になります。

理想は全ての分野を勉強することです。しかし、勉強と仕事の両立はなかなか大変なので、要点を絞って効果的に勉強をしていきましょう!!

『養護教諭の完全攻略』は9月に新しいものが出版されますが、前年度のものでも問題ないでしょうか?

私も2年前に同じような状況になりました。私は新しいものを買いましたが、正直内容があまり変わっていなかったので後悔しています。慌てて買い替えなくてもいいです。今後、教員採用試験の勉強をする際に新しいものに買い替えるのか検討してもいいと思います。

どのように養護教諭の内容を勉強しましたか?

『養護教諭の完全攻略』を例に書かせていただきます。上記にも特に重点的に勉強をする分野を書いています。まずは、その分野を重点的に、覚えるまで3週ほどしていました。私は基本的には、声に出して読んで覚えています。暗唱できるまで暗記し、章末のチェック問題をひたすら解く勉強をしていました。勉強方法はそれぞれ異なりますが、まずは上記の重点的に勉強する分野を中心に取り組まれることをおすすめします!!

QB、QB必修、養護教諭の完全攻略、過去問は働きながらどのような割合で勉強していましたか?

それぞれの知識習得度は違いますので、あくまで私の体験談で書かせていただきます。まずは、受験する大学を決めます。新潟、金沢、熊本、岡山など大学によって筆記試験対策は変わります。私は金沢、新潟を志望していました。次に、志望する大学の過去問を収集し、過去問に取り組みます。最初に過去問に取り組むのは、各大学の出題傾向を把握するためです。

私は看護師2年目と少しブランクがあったのでQB必修やQBを使い、看護師の知識をおさらいしました。ここではできなかった問題だけ印をつけ、再度問題を解くという勉強をしていました。

次に、『養護教諭教員採用試験対策攻略』を使って勉強していました。

【どのような割合で勉強をしてた?】

どのような割合で勉強してた?
  • QBとQB必修はサラッと終わったので、過去問と養護教諭の完全攻略と比較します。
  • 過去問:養護教諭の完全攻略=7:3

やはり過去問重視で取り組んでいました。そのときの状況にもよりますので、そこは臨機応変に勉強計画を立てていました。まずは、計画を立てて少しずつ知識をつけていきましょう!!

一日に何時間ほど勉強していましたか?

その日のやる気にもよりますが、約5時間ほどでした。

養護教諭特別別科に向けたおすすめ教材(2021年8月28日現在)

「完全保存版!」養護教諭特別別科受験勉強法!にも記載しています!下記に画像とリンクを貼っておきます!ご確認ください!!

1 2 3 4 5 6 7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA